カラーリングの色と装着された場所

1.おもな装着場所のカラーリングの色




     黄色リング:東京都港区第六台場・旧中央防波堤,東京都江東区新砂、千葉県市川市
             行徳鳥獣保護区、 千葉県木更津市小櫃川河口.山梨県甲府市下曽根
     橙色リング:静岡県浜名郡新居町中之郷、浜松市篠原.
     緑色リング:愛知県知多郡美浜町鵜の山,愛知県弥富市弥富野鳥園.
                三重県鈴鹿市石垣池,安芸郡安芸町千里,松坂市櫛田町櫛田川.
     白色リング:愛知県渥美郡田原町.
                     緑色リングと白色リングについての詳しい情報と連絡先は
                            http://aichikawau.sakura.ne.jp 
      青色リング:滋賀県長浜市琵琶湖竹生島,兵庫県伊丹市昆陽池.
                     青色リングについての詳しい情報と連絡先は
                                http://www.mus-nh.city.osaka.jp/wada/OBSG/Pc-rings.html
     薄茶色リング:島根県松江市八束町続島,安来市萓島.
                     薄茶色リングについての詳しい情報と連絡先は
                            http://www.yonago-mizutori.com
     赤色リング:北海道湧別町湧別川河口   NEW
                     赤色リングについての詳しい情報と連絡先は
                            http://kitakawauken.jugem.jp


2.南関東地域でのカラーリング(黄色)を装着したコロニー

 









   1.不忍池コロニー, 2.台場コロニー, 3.行徳コロニー, 
   4.小櫃川コロニー.



 カラーリングは、巣立ち前の雛(20日齢前後)に装着しました.ただし、不忍池コロニーでは、雛と巣立ち後の幼鳥が大多数を占め、それ以外に成鳥にも装着しました.またカラーリングは、色の異なるコイルリングをのみを使いました.

 図中の4カ所のコロニー所在地と、カラーリングをつけて放し
た(巣に戻した)羽数は以下の通りです(2016年 5月現在).

1.不忍池コロニー
    東京都台東区上野公園(都市公園人工池内の島)
    放鳥数:1,201羽(1975〜1995)
2.台場コロニー
    東京都港区第六台場・旧中央防波堤(湾内の人工島・防波堤)
    放鳥数:935羽(1998〜2010)
3.行徳コロニー
    千葉県市川市新浜行徳鳥獣保護区(保護区内の堤)
    放鳥数:3,094羽(1998〜 )
4.小櫃川コロニー
    千葉県木更津市小櫃川河口浸透実験池(人工池内の島)
    放鳥数:2165羽(1999〜 )                           
5.新木場コロニー
    東京都江東区新砂(運河の防風林)
    放鳥数:377羽(2008〜2013)



                                               カラーリングを装着した雛(小櫃川コロニー)



    カラーリングの装着には、下記のように非常に多くの方々のご協
   力をいただきました.深く感謝申し上げます.
    特に、関東の3カ所のコロニーでは、1998年から多数の雛にカ
   ラーリングを装着し始めました.そのため、バンディングは毎回10人
   以上のチームで行っています.なお、1998年からの関東でのカワウ
   の標識調査は、日本野鳥の会研究センター(現在の自然保護室)、
   2005年からはバードリサーチと共同調査で実施しています.





 黄色リングは、カワウが孵化し、カラーリングを装着された年がわかるように、下図のようにカラーリング
に横線を彫っています.左から、(A4)は1998年、(N/8)は1999年、(/E6)は2000年、(M3/)は2001年、(/S2/)は
2002年、そして(B57)は2003年です.なお、2003年以降はしばらく横線のないリングを使う予定です.

               



 《南関東のカワウのバンディングでご協力下さった皆様》              (abc順、敬称省略)

青山夕貴子、有馬智子、帖地美代子、遠藤菜緒子、絵面康子、藤岡正博、藤岡紘、藤原広子、福田愛子、
福田道雄、深井宣男、福井和二、萩埜恵子、濱本健三、濱外晴美、半澤典子、蓮尾純子、蓮尾嘉毅、
波多野晃史、葉山久世、羽山伸一、兵藤夏海、五十嵐大介、角田満、中野仁志、、林英子、比嘉雅彦、
平岡恵美子、平山瑛一、平山知男、本多里奈、堀秀正、堀正子、堀泰洋、堀江聡美、星野房子、細田凛、
神山和夫、伊野純子、井上亜弓、石田朗、石田Susan、石亀明、石原由雄、石井隆、石川一樹、石山大、
岩崎可奈子、岩柳光夫、覚幸沙代、亀井雅大、上條隆志、神田やよい、神崎八重、神山和夫、神山奈由子、
加瀬幹大、片山直樹、加藤和明、加藤晴弘、加藤洋、加藤七枝、加藤ゆき、川端祐輝、川上正敬、河村久美、
川村芙友美、川内博、川口泰広、木村裕一、小堀紗矢香、小島みずき、古南幸弘、小粥隆弘、近藤紀子、
久保由布子、黒谷裕介、熊田那央、桑原立機、牧裕介、間部裕子、松家大樹、松岡好美、松下浩也、
南公一郎、三森亮介、箕輪義隆、身内裕子、三木信行、宮野晃寿、宮澤絵里、宮崎麻衣、宮崎志保、
三好康子、水谷苗子、森下英美子、望月通人、守屋年史、森屋弘美、本山裕樹、村越悠太、中川美幸、
中森純也、中西せつ子、中村秀次、中村麻衣、成末雅恵、新妻桂子、奴賀俊光、大渕真紀、西方明雄、
野田拓男、野村浩子、野長瀬雅樹、越智葵、落合はるな、小田谷嘉弥、小駒洋子、岡嘉弘、岡田葵、岡久雄二、
奥名美智子、奥山夏未、小野祥平、尾崎清明、レイメント公子、佐原雄二、榊帆希、斎田栄里奈、佐々木幸穂、
佐藤望、斎藤仁志、斉富史恵、齋藤武馬、斉藤裕、斉籐美里、酒田光輝、坂田俊之、佐野裕彦、佐藤達夫、
佐藤佑子、佐原雄二、世良一成、瀬田和明、瀬戸瑞香、柴田絵里、滋賀薫、重松圭三、茂田良光、
島田高廣、清水浩代、下坂玉紀、白井瑛久、白井剛、菅野萌、杉本寛、シンバ・チャン、篠田京子、杉田幾恵、
鈴木仁、鈴木絹悦、鈴木規慈、鈴木陽子、高永博美、高野淑恵、高階あゆみ、高木憲太郎、高木幸一、
高橋晃周、高橋夢子、高橋祐太朗、高畑由衣、竹内尚子、田中啓太、田仲謙介、田仲美紅、谷智子、
田上かほり、田村優希、手嶋洋子、東郷なりさ、戸井田伸一、徳長ゆり香、徳田成秀、富永光、富岡辰先、
鳥飼香子、津田彩子、土屋健児、土岐田昌和、露木歩美、内山智子、上沖正欣、李謙一、牛根奈々、
両川昴己、若澤英明、渡辺浩行、綿貫耕治、度会理絵、八木典子、山田泰広、山口恭弘、山口誠、
山路正悟、山道真人、山本尚子、山本碧、山本拓実、山内幸、山内由美、吉見朗、吉濱美智子、横尾直享、
吉村理子.
明治大学動物生理学研究室学生の皆様、日本獣医生命科学大学野生動物学研究室学生の皆様、他22名.

バードリサーチ、千葉県行徳野鳥観察舎、日本野鳥の会自然保護室、東京都下水道局砂町水再生センター、
東京都建設局浜離宮恩賜庭園公園事務所、東京都建設局南部公園事務所、東京都建設局恩賜上野動物園
飼育課、東京都港湾局東京港防災事務所、山階鳥類研究所保全研究室.
                                

   アルビノのカワウの雛(2007年5月12日 小櫃川コロニー)



トップページへもどる