カラーリングがついたカワウの写真集


  これらの写真は、カラーリング確認時にお送り下さったものの一部です.撮影された方々のご好意
  で掲載しました.カラーリングが、フィールドでどのように見えるかの実例です.確認時に参考にして
  下さい.














  カラーリング(C79)を、左脚につけ
  た幼鳥のカワウ.後ろは成鳥.

  2003/11/03 相模川磯部. 
  撮影者:崎向伸二さん



















  右脚にメタルリングと赤のコイルリング、左脚に下
  側に横線のあるプラスティックリング(5J/)のつい
  た繁殖羽となった成鳥のカワウ.
  標識リングは、R-(5J/)と表示.

  2003/03/08 横須賀市長井
  撮影者:須藤伸三さん 



















脚にカラーリング(F44)が見える.東京
都港区第六台場で2月に孵化した約6ヶ月
齢の幼鳥.

2004/08/31 相模原市沈殿池
撮影者:Susan Ishidaさん















  衛星追跡用の発信機を背中に装着した成鳥個
  体(F78).東京都第六台場で2004/03/06に放
  鳥.背から出ているのはアンテナ.発信機を取
  り付けたハーネスのテフロンテープがあって、
  羽を押さえているため、胸部が線状にへこんで
  いる.


  2004/10/24 多摩川河口左岸
  撮影者:湯川廣司さん










                                                                        
  










小櫃川河口上空を飛行する(48/).
まもなく3歳で、眼下の皮膚裸出部に
紅斑が出ている.また頭部に繁殖羽
が生え始めている.

2005/01/03 木更津市大字久津間
撮影者:庄 剛史さん
   










 










   頭部から頸部の一部がバフ変(?)
   した個体(Z99).すでに3歳となって
   いるが、虹彩の色はエメラルド色では
   なく、透明度の強い淡緑色のように見
   える.2006年5月15日に市川市行徳
   保護区で放鳥した.

   2009/12/03 市川市こざと公園近く
   の大柏川
   撮影者:木村 一彦さん                    






















部分白化した個体(7X2).羽は全体が白化したものから、羽の一部の
部分だけが白化したものがあり、興味深い.この個体は2009/04/11に
小櫃川河口のコロニーで、ヒナでバンディングされ、これが最初の正羽
の羽装での白化状態で、次回の換羽以降どのように変化するか、ある
いは変化しないのかを知りたいものだ.野外で、部分白化した個体が
個体識別されている例はほとんど無いので、非常に貴重な個体である.

2010/03/10 神奈川県横須賀市長井町 轡堰中ノ島
撮影者:奥津敏郎さん












トップページへもどる