カワウのカラーリングについての文献など   
                                                                               
                                                                         

1.カラーリングのしくみ

福田道雄,1988.不忍池におけるカワウのカラーリングのバンディング.かわう (4):4.
福田道雄,1993.カワウのカラーリングの登録.第1報(1992年 8月末現在).日本鳥類標識協会誌 8:1-14.
福田道雄,1998.カワウの生活をさぐる.黄色のカラーリングを付けたカワウを見つけてください.野鳥 (614):
 42-43.
福田道雄,2000.カワウのカラーリングの登録.第2報(2000年 8月末現在).日本鳥類標識協会誌 15:33-
 42.
福田道雄,2001.カワウのカラーリング作製および装着マニュアル.カワウ標識調査グループ,6pp.
福田道雄,2008.カワウのカラーリングの登録.第3報(2007年末現在).日本鳥類標識協会誌 20:18-38.

2.カラーリングを用いた調査の報告
福田道雄,1988.カラーリングによって調べたカワウの移動状況(第1報).日本鳥類標識協会誌 2:63-70.
福田道雄,1994.標識したカワウのコロニーからの長距離移動.日本鳥類標識協会誌 9:5-10.
福田道雄,1997.コロニー間で観察された標識カワウの移動状況(発表要旨).日本鳥類標識協会誌 12:19-
 20.
福田道雄,2000.カワウの観察・調査マニュアル.−特に、カラーリングを装着した個体を手がかりに−.カワ
 ウ標識調査グループ,11pp
福田道雄,2003.隣接したコロニーで出生したカワウのカワウの活動状況(発表要旨).2003年度日本鳥類標
 識協会全国大会講演要旨集,pp.14.
福田道雄 2007. カラーリングを装着して調べた千葉県におけるカワウの移動状況. 行徳野鳥観察舎友の会編
 平成19年度カワウ生息状況等調査報告書, pp121-134, 千葉県環境生 活部自然保護課
福田道雄,2008.カワウ標識調査−カラーリングを装着して調べた千葉県におけるカワウの移動状況.pp.121
 -134.野鳥観察舎友の会編.千葉県カワウ生息状況等調査報告書.千葉県環境生活部自然保護課.
福田道雄,2009.カワウ標識調査−カラーリングを装着して調べた千葉県におけるカワウの移動状況.pp.123
 -138.野鳥観察舎友の会編.千葉県カワウ生息状況等調査報告書.千葉県環境生活部自然保護課.
福田道雄,2010.カワウ標識調査−カラーリングを装着して調べた千葉県におけるカワウの移動状況.pp.121
 -134.野鳥観察舎友の会編.千葉県カワウ生息状況等調査報告書.千葉県環境生活部自然保護課.
福田道雄,2011.カワウ標識調査−カラーリングを装着して調べた千葉県におけるカワウの移動状況.pp.127
 -142.野鳥観察舎友の会編.千葉県カワウ生息状況等調査報告書.千葉県環境生活部自然保護課.
福田道雄,2016.カワウのカラーマーキング−東京・千葉での調査−(シンポ講演要旨).第31回(2016)日本
 鳥類標識協会全国大会.pp..3.
福田道雄・加藤七枝,2002.カラーリングを装着したカワウの移動状況(発表要旨).2002年度日本鳥類標識
 協会全国大会講演要旨集,pp.11.
福田道雄・加藤七枝, 2011.カラーリングを付けたカワウの観察記録された個体と回収された個体の齢構成
 の比較(発表要旨)..2011年度日本鳥類標識協会全国大会講演要旨集,pp.11
桑原和之,1992.カラーリングのついたカワウ.バンダーニュース (2):6-7.
石田朗,1997.複数のコロニーが集中した地域における標識カワウの移動状況(発表要旨).日本鳥類標識
 協会誌12:19-20.
石田朗・斉藤成人・佐藤孝二,1994.鵜の山で放鳥した標識カワウの移動状況(発表要旨).1994年度日本鳥
 学会大会講演要旨集,pp.69.
斉藤成人,1993.”鵜の山”で放鳥したカワウのカラーリング標識個体の観察状況.日本鳥類標識協会誌 8:
 19-25.
佐藤考二,1993.カワウ(Phalacrocorax carbo)の標識調査:方法と結果.東海畜産学会報 4:32-37.
佐藤孝二・斉藤成人,1993.カワウ(Phalacrocorax carbo)の集合と分散:美浜個体群における標識調査.
 一宮女子短期大学紀要 (32):145-163.
佐藤孝二・斉藤成人・石田朗,1995.カワウ(Phalacrocorax carbo)の集合と分散:美浜個体群における標識
 調査U.一宮女子短期大学紀要 (34):109-123.
須川恒・片岡宣彦・植田潤・和田岳,2002.昆陽池と竹生島にあるカワウのコロニーにおける標識調査(発表
 要旨).2002年度日本鳥類標識協会全国大会講演要旨集,pp.10.
坪井潤一・福田道雄・加藤七枝・斉籐成人・石田朗・須藤明子 2009. 標識されたカワウの本州内陸部への移
 入.日本鳥学会誌 58:171-178



 

       カワウのカラーリングに関する記載、またはカラーリングを
      用いた調査などに関する記載が、一部分だけに含まれる文
      献類は除外しました.
       カワウ標識調査グループで編集した、下記の「カワウのカ
      ラーリング作製および装着マニュアル」と「カワウの観察・調
      査マニュアル.−特に、カラーリングを装着した個体を手が
      かりに−」については、希望者にお送りできます。利用目的
      などを書いて、お知らせ下さい。

 
                

3.海外でのカワウのカラーリングについての情報
http://web.tiscali.it/sv2001/


トップページへもどる