カラーリングがついたカワウを見つけた


次の事項についてお知らせ下さい.

◆カラーリングを確認された場合
1.確認年月日
2.確認場所
   住所と近くの目印になる建造物など(河川の場合は、○○橋の下流約50mの中州など).
3.カラーリングの種類、色、記号、左右の脚でのリングの配置.
   リングの種類については下記で解説しています.
4.確認した時の状況
   リングのついたカワウの羽色(幼鳥、成鳥、繁殖羽)、群の羽数、いた場所の環境など.
5.確認された方のお名前、連絡先
6.お名前を公表してもよろしいでしょうか.

◆死体を見つけた場合
1.発見年月日
2.発見場所
3.金属リングの刻印(記号とナンバー)
4.発見時のカワウの状態
5.発見後の処理
6.発見された方のお名前、連絡先(E-mailアドレス)

※リングのついたカワウを発見された方は、山階鳥類研究所保全研究室(bmrc@yamashina.or.jp)に直接
 連絡されても結構です.

連絡先メール 確認または発見された個体の放鳥記録をお知らせいたします


  カワウに装着したリング類

1.リングの種類
 a.プラスティックカラーリング
    一番大きい、縦幅25〜28mmのリングで、横向きに英字、数字が2〜3字彫り込まれています.2字
  の場合は、字の上、下、間や上下に横線があって、カワウが孵化した年を表示しています.関東地域
  で孵化した個 体は黄色のリングに黒字の記号で、それ以外の色の場合は他の地域で装着されたもの
  です.

    《カラーリングと記号の色とリングが装着された場所》 
     ・黄色リングに黒字の記号 : 東京・千葉.
     ・緑色リングに白字と白色リングに黒字の記号 : 愛知・三重.
     ・青色リングに白字の記号 : 兵庫・滋賀.
     ・橙色リングに白字または黒字の記号 : 静岡.
       ※「2.カラーリングの色とリングが装着された場所」を参照して下さい.

 b.ビニールカラーリング(ビニールコイルリング)
    最も細い(4〜5mm)リングで、色は赤、白、黄、青、緑があり、1〜2本ついています.プラスティッ
  クリングのついている反対側の脚で、下記の金属リングの上についていて、リングをつけたカワウが孵
  化したコロ ニーなどを表示します.1995年以前に、東京不忍池で装着された個体は、コイルリングだけ
  が片脚または 両脚に、1〜4本ついています.

 c.中間の大きさのリング
    銀色に見え、特殊な金属のリングです.「KANKYOSHO TOKYO JAPAN」と「13A\\\\」(AはBやCに
   替わり、¥は数字で4桁です)の記号が彫り込まれています.大きさは 9mm.上記の1995年以前にリン
   グを装着した個体には「環境庁 JAPAN 130-\\\\\」(\は数字)と彫り込まれていて、大きさは12mmと
   少し大きな金属リングが使われています.


トップページへもどる